1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫30歳 シミ予防には、美白化粧品の中でも、化粧水とクリームにこだわる

30歳 シミ予防には、美白化粧品の中でも、化粧水とクリームにこだわる

美白効果やシミ予防は、夏を迎えることにほとんどの女性が気にすると思います。

私もその中の1人で、日焼け止めはもちろんですが、化粧水やクリームなど美白効果のあるものを選びます。

ポーラのホワイトショットは、クリームタイプの薬用美白美容液ということで、非常に気になる商品です。

何と言っても価格がとても良い値段です。

それなりに効果の期待をされている人も多いと思います。

美白効果の他にもシミやソバカス予防にもなる効果があるということですので、かなりの優れもの品です。

シミやそばかすに悩む女性もきっと多いはずです。
そんなシミやそばかすを消してくれる効果もあるとは、驚きですね。

できたものは治らない、消えない。
という概念がこの化粧品をきっかけになくなったと言えるかもしれません。

かなりホワイトショットには期待しております。

そのため、値段もかなり良い値段がします、私にはなかなかまだ買える値段ではありませんが、いつか是非試して見たいと思います。

美白化粧品は、化粧水やクリームにこだわる

私自身、美白でいたいので化粧品のほとんどは美白効果のあるものを使用しています。

特に化粧水やクリームにはこだわっています。

しかし、生活もありなかなか効果なものは使えませんので、プチプラで何か評判の良い美白効果のある化粧品を探し効果があったものを使用しています。

なおかつ、シミ予防にも適していたら最高です。

日焼け止めのみならず、美白を守るためには欠かせません。

なかなか時間もなくお金もなく、美容にはあまりかけてられませんが、少しでも美白を保つ、美白を増す事ができればと思い、化粧水やクリームに頼っています。

しかし、脂性の私は、クリームとなるとネットリ、ニキビができやすいなど、いくつか悩みもありましたが、現代では様々な種類のクリームが存在し、さっぱりした乾燥からも防ぐクリームがあることを知り美容の進化に感動しました。

それも手に入りやすいだなんてありがたいです。

女性も誰もが美白でありたい、綺麗な肌でありたいと思う女性がほとんどだと思いますので、美白化粧品はこの世に欠かせません。

シミのもとになるメラニン

メラニンと聞くと、とても肌に悪いものというのが思い浮かびます。

なぜならメラニンとシミが結びついているイメージだからです。

メラニンが多いとシミができる。
メラニンを増やさないために日にはあまり当たらないように心がける。

という勝手な理論です。
そして、メラニンはカビという印象を受けます。

黒くて体に悪い。

だからカビは体に悪い、黒焦げは食べたらメラニンが増えるから食べてはいけない。
と思っています。

しかし、実際のところメラニンが全てにおいて体に悪いのかというところが疑問です。
少し難しいので理解できていませんが、メラニンはなかなか複雑な菌種ではないかと思っています。

守る役割も同時に果たしているということも聞きました。
減ってもダメ増えてもダメという立場のメラニン、悪いだけでなく、人間の体には必ずなくてはならないもののようです。

まだまだメラニンについて知らない方沢山いらっしゃると思います。

テレビでの特集や記事特集にされると注目されそうな気もします。

肌が白いと、シミやそばかすができやすい

私はどちらかというと、肌が白い方です。
しかし、その反面シミやソバカスができやすく、日焼け止めクリームもきちんと塗らなければ大変なことになります。

生まれ持った美白を守るために、よりよくするために自分にあった化粧品を使用することを心がけています。

気になったものはまずは試すことが大事かなと思います。

なかなかエステなどにも足を運べず、美容にはあまり時間を掛けら時間がないので、自分なりに上手く工夫しなければなりません。

お風呂上がりの少しでも毎回でなく、たまにパックをするとか、少しマッサージをして老廃物を出すだとかそれぞれ工夫することが大切だと思います。

こだわっているように見えますが、高い化粧品も手が出ません。

しかし安いから効果がないという化粧品ならみなさん使わないと思います。
必ず自分にあったいいと思える化粧品があると思います。ほとんどの方が色が白いね。

肌が綺麗と言われると嬉しいです。

きっと肌も喜んでいると思います。

まずは試して自分にあったコスメを使う事が一番だと思います。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。