1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫32歳 キレイになりたいから美白を目指す。メラニンは全て敵ではない!過剰な作りが原因

32歳 キレイになりたいから美白を目指す。メラニンは全て敵ではない!過剰な作りが原因

ポーラ「ホワイトショット」は美白成分がたっぷり入っており、メラノサイトに有用な化粧品です。

私はシミが年齢にしては濃ゆい方なので、このことをすごく気にしていました。

そのためこのホワイトショットの魅力に気づけました。

555万本も売れていて、しかもベストコスメで累計17冠を手にしたのは素直にすごいと思います。

ポーラは各層のセルフクリア機能に着目しており、肌が元々持っているセルフクリア機能からアプローチをかけてくれるのです。

これなら私のボロボロになったシミだらけのお肌も優しく包み込むようにケアしてくれそうだなと思いました。

実際に使って見たらべたべたしすぎず、伸びやかだし、すいすいと肌に塗ることができます。

そしておかげで肌の調子がよくなって、シミへの美白機能も働いていることが分かりました。

ホワイトショットの美白成分であるメラニンを作ることを抑制してくれる「ルシノール」とメラニンの抑制を行ってくれる「ビタミンC誘導体」の力はすごいです。

試してみて損はしない化粧品だと思います。

若い頃、ほんとアホなぐらいスキンケアをサボった結果・・・

美白化粧品は私の肌を助けてくれるスキンケアアイテムです。

私は若い頃、本当にあほなくらいスキンケアをさぼっていました。

そうやっていたせいで、今そのツケが回ってきているのです。

私は美白を怠っていたせいで、気づいたらシミだらけの汚い肌になっていました。

おまけに若い頃に大量にできたニキビのおかげで顔はぼこぼこと汚いです。

最近ではくすみも目立つようになってきて、本当に最悪と思います。

そんな私から見た美白化粧品は今の自分の肌を少しでも良くしてくれる、素晴らしいアイテムですね。

これがないと私は将来に期待を持てないし、一生この肌と過ごさなければいけません。

しかし美白化粧品を使っていたら、少しでもいい肌に変貌できる可能性があります。

そういった意味で私から見た美白化粧品は将来を明るくしてくれるかもしれない大切なアイテムです。

美白化粧品は私にはすごく大事なものなので、化粧品メーカーさんにはこれからもいろいろと改良した美白化粧品を作り出してほしいと思います。

メラニンは過剰に作らないことが大事で全てが敵ではない

メラニンというのはシミの原因を作り出す最悪なものです。

でも本来は肌を紫外線から防御するために作られるものらしく、決していらないものではないのです。

しかしこれを作り過ぎたときが大変で、思わず肌を紫外線から守るために過剰にメラニンを作り過ぎたら、その分のメラニンが肌に残ってしまって、メラニン色素が溜まっていきます。

そうしていくと最終的に肌にシミができてしまうのです。

私にシミが出来た原因はこのメラニンなんですよね。

そう考えると私の肌をシミだらけにしたにっくき奴です。

メラニンは過剰に作らないことが大事であり、特に加齢と一緒にどんどんメラニンは自然な治癒力ではがれ落ちにくくなります。

ですから私のような30代からの紫外線対策はますます重大で、これができないとメラニンはたくさん顔に溜まっていきます。

私が現在紫外線対策に特に力を入れているのは、このメラニンをなるべく作り出さないためです。

過剰に作らずにいたら大丈夫そうなので、気をつけたいと思っています。

キレイな肌になりたいから目指す

私が美白を目指す理由は「キレイな肌になりたいから」です。

美白でサラサラした透明感のある肌は私の憧れです。

昔友達にものすごく美白で綺麗な人がいて、すごく羨ましいと思いました。

見ているだけで「いいなぁ」と思うし、男性からも注目の的でした。

そういう姿を見てきただけに美白な女性への憧れは強いですね。

私もあんな風になれば、もっと男性からモテモテになれるんじゃないかと思って美白を目指しています。

ただ美白になるための方法って大変お金がかかるし、お金をかけたとしてもそれほど効果がないこともあります。

美容施設を使うのは大変お金がかかりますし、美白になれる化粧品がすべて美白になれるとは限らないのです。

しっかりお店選びや商品選びができないと結局は現状のままです。
美白になるためにはその選択が重要なのです。

自分にぴったりの美容施設や美白化粧品を見つけることが美白になるためには必要です。

それから美白になるためには「紫外線予防」も大事ですね。

紫外線を予防することで、肌は白く保てます。

私はこの紫外線ガード対策を一番頑張っていて、白くなる方法の一つとして使っています。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。