1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫38歳 日焼けをするとすぐにしみやそばかすが出来やすい!でも私が美白を目指す理由

38歳 日焼けをするとすぐにしみやそばかすが出来やすい!でも私が美白を目指す理由

ポーラのホワイトショットは初めて知りました。

ポーラのホームページによると、ホワイトショットのシリーズはCX、SX、RXと3種類あり、好みによって使い分けることができるというのはすばらしいと思いました。

わたしはとくに、RXタイプが気になりました。

美白を気にするのはとくに紫外線の強い夏なので、クリームは重たいですが、このホワイトショットRXはジェルタイプなので、さらりとした使い心地にとても関心があります。

しかも保湿成分も配合されているそうで、エアコンの乾燥対策にもなっている優れた商品だと思います。

また、気になる部分にダイレクトに塗るSXタイプも見逃せません。

日焼け止めをいくら塗っても、頬のしみやそばかすは年々増える一方なので、頬にはこちらの製品をピンポイントで塗るのが効果的だと思います。

顔全体にはRXを塗って、しみやそばかすのできやすい頬などにはSXを塗るというように使い分けると良いのかもしれません。

肌を白くするより、しみ・そばかすを予防する美白化粧品

わたしにとって美白化粧品とは、肌を白くするというよりも、しみやそばかすを防いでくれる機能のある化粧品のことを意味します。

日中は日焼け止めを塗り、メイクを落としたら、美白化粧品を塗って肌に潤いと美白成分を与え、しみやそばかすを作らないのが大切だと思います。

美白成分とひとくちに言っても、いろいろな種類がありますので、どんな成分が配合されているかを事前に確認してから購入することも必要です。

わたしが好きな美白化粧品は、自然界の天然成分が入っている製品です。

ポーラの美白化粧品にはびわの葉から抽出した美容成分の「SCリキッド」が配合されているということで、とても関心があります。

もともと人間の肌にはターンオーバー機能が備わっているので、過度な成分は必要ないとわたしは考えています。

ただ、どうしても加齢によりターンオーバーだけはカバーできなくなっていきますので、その部分を美白化粧品で補っていきたいと思います。

メラニン=シミ、と考えるのは容易

メラニンというと、しみやそばかすのもとになり肌にとっては大敵というイメージしかありませんが、実はわたしたちの体を守る大切な働きをしているということを知りました。

年を取るにつれて黒髪が白髪になっていくのも、細胞の衰えによって毛根でメラニンが生産されなるためだそうです。

また、メラニンには紫外線によるDNAの破壊や皮膚ガンの発生を防ぐという機能もあるようです。

メラニンは人間の体にとってなくてはならないものであり、メラニン=シミと考えるのは安易です。

シミは過剰に生成されたメラニンが色素沈着を起こしてできるものなのです。

何事も過ぎたるは及ぼざるがごとし、で過剰なメラニンが問題だということが分かりました。

なので、メラニンを過剰に生成しないために、紫外線をなるべく肌に浴びすぎないことが大切なのだと思います。

ふつうならメラニン色素はターンオーバーにより排出されるそうなので、健康的な生活習慣を心がけ、日焼け止めや美白化粧品でケアしていきたいです。

「色の白いのは七難を隠す、という言い伝えがあるから

わたしが美白を目指すのは、昔から「色の白いのは七難を隠す」という言い伝えがあるように、肌が綺麗な人に憧れがあるからです。

陶器のようなすべすべした肌の人を見ると、目が離せません。

目鼻立ちなどの顔の造作についてはひとりひとり持って生まれたものがありますが、肌の美しさは心がけやお手入れで保つことができると思います。

肌の色も生まれつきで決まっていますが、しみやそばかすをなるべく増やさずにすることは個人の意識やモチベーションにかかっていると思います。

美白、美肌のためには規則正しい健康的な生活習慣が何よりも大切だと思います。

わたしは肌のターンオーバーにとってゴールデンタイムと言われる22時〜深夜2時はなるべく眠るように心がけています。

あとは栄養にも気をつけ、夏はとくに美肌効果のあるゴーヤやトマトなどの夏野菜を多く食べるようにしています。

外出時は日焼け止めを塗って帽子をかぶるか日傘を差し、夜は美白化粧品で肌をいたわるというのがわたしの美白方法です。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。