1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫51歳 紫外線を浴びてから48時間が勝負。しっかりと美白ケア。

51歳 紫外線を浴びてから48時間が勝負。しっかりと美白ケア。

ポーラのホワイトショットは美白化粧品の定番というイメージがあります。

少しずつ改良を重ねていて、女性のくすみやシミなどの悩みに対応してくれています。

ポーラ独自の美容成分や技術が盛り込まれていて、透明感のある肌になれそうです。

メラニンを抑えるだけではなくメラニンを還元する作用も持っていますから、頑固な数年もののシミにも効きそうです。

また、新しいなと思ったのがスライドクリア機能です。

メラニンを一箇所に集中させないように分散させることで、くすみなどが起きにくい肌にしてくれるという点です。

メラニンが集中していてシミが多い部分でもメラニンの分散化が行われれば、自然とシミも目立たなくなって肌の悩みが一つ減ってくれます。

ただ、メラニンが均一に広がってくれたとしても肌内のメラニン量が増えてしまったら、くすみが目立つ肌になってしまうのではと少し不安も感じます。

また、ホワイトショットを使ってみたいなと思っても、値段が高すぎて手が出ないのが現状です。

夏場は美白化粧品の出番が多くなる

夏に浴びた紫外線の影響を少しでも打ち消したいですから、やはり夏は美白成分が含まれた化粧品の方が安心感があります。

ただ、乾燥肌なのでたいていの美白成分が刺激を感じたり乾燥が今以上にひどくなったりすることもあり、肌に合う美白化粧品選びには苦労させられました。

しかし、今は無添加で肌に合うものを見つけられたので、集中して夏の美白ケアにいそしんでいます。

日焼け止めで紫外線を防ぐのも重要ですが、やはり100%防げるものではないなと感じています。

多少なりとも紫外線を浴びてしまうとシミなどが気になりますし、紫外線を浴びてから48時間が勝負です。

しっかりと紫外線がきつい時期には日焼け止めを通り過ぎて肌に入ってきた紫外線でシミを作らないためにも、美白化粧品への期待感が高まります。

ここ2、3年は紫外線対策と美白ケアを夏場に頑張っていたせいか、新しいシミは肌に浮かび上がってきてはいません。

今あるシミを消すのは難しいでしょうが、多少なりとも効果があればと思っています。

メラニンは美容の大敵だと思っている人多数

女性からするとメラニンは厄介なもので、シミを作り出すだけではなく体の黒ずみなども作り出してしまって、美容の大敵だと思っています。

しかし、完全に悪者扱いもできず体の免疫力を上げたりなど、体や皮膚を守るために作られていますから、メラニンのおかげで助かっている部分もあると思います。

ただ、必要以上に作られてしまって、シミとして残るのが困りものです。

特に年齢を重ねてくるとターンオーバーでメラニンが排出されにくくなりますから、肌に留まってしまってシミになるのは正直勘弁してほしいです。

美白化粧品にはメラニンを抑える作用がありますから、シミ予防には役立ってくれます。

シミが気になる部分のみメラニンの活動が収まってくれれば、健康や肌を保護するメラニンの機能はそのまま残してシミだけを追い出せる可能性があります。

肌に刺激が加わるとすぐにメラニンが作られてしまいますから、普段のスキンケア方法などにも気をつけなくてはと思っています。

シミがあるだけで老けて見られる!だから美白を目指す

シミがあるだけで老けて見られてしまいますし、清潔感のない肌という印象を与えてしまいます。

だから、少しでもシミを薄くして若く見られたいですし、透明感のある色白肌になりたいなと思って美白ケアをしています。

シミがあると人にその部分ばかり見られているのではと変に勘ぐりたくなりますし、コンプレックスにもなってしまいます。

メイクで隠すこともできますが、やはり素肌がきれいでいたいという女性としての願いもありますから、美白を目指したくなります。

春先から夏にかけては必須で美白化粧品を使っていて、シミ予防とシミ改善を目標に美白ケアをしています。

やはり紫外線が多い時期だとシミが濃くなったりもしますから、それを防ぎたいです。

秋冬は顔全体の美白ではなく、スポッツタイプの美白化粧品でシミが気になる部分のみを集中ケアしています。

この時期は肌が乾燥しやすいですから、美白よりも保湿に重点をおいてケアして、シミ対策は必要最小限に抑えています。

何もやらないでいたらシミは増える一方ですから、できる範囲内で美白は頑張りたいです。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。