1. ホーム
  2. 私の美白体験
  3. ≫60歳 この歳でも美しさを追求して美白化粧品を使う。日焼け止めして日々努力

60歳 この歳でも美しさを追求して美白化粧品を使う。日焼け止めして日々努力

学生の頃のニキビのあとが少し残り気になっていることや大きなシミやソバカスはないのですが小さなシミ(あまり目立つものはない。)が少しあるのが悩みです。

今までの美白に関する薬用美白美容液は、顔の気になる部分やポイントのシミ・ソバカスに効果があるクリームはかなり少なく、顔全体に付けていくタイプが多くあったと思っています。

ポーラのホワイトショットは特に気になり必要と思う部分に使用するクリームタイプの薬用美白美容液でかなりコクのあるクリームが気になる部分に密着するので美白有効成分を確実に届けることが出来るところが大変魅力的だと思います。

使用する量も朝晩に小さい真珠くらいの量ですむことも助かります。また全てのアレルギーによいと言うことではないようですがアレルギーテスト済みも嬉しい内容です。

現在までの美白研究は、メラニンの生成抑制が主なのですが、今回人間が自ら白く美しくなる力をポーラは解明しました。

若い学生の頃は「セルフクリア機能」と名付けられたように山や海へ出かけ真っ赤に日焼けをしたとしてもすぐに消えて元の肌になっていきました。

そんな自分自身の力で白く美しくなろうとする力に業界初で着目したことは素晴らしいと考えます。

加齢に伴いそうはいかなくなってきた年齢には、そのような「セルフクリア機能」を生かしポーラのホワイトショットが誕生したと言うことを知り大変素晴らしい商品なのだと知る事が出来ました。

綺麗になりたいから美白化粧品を購入する

美白に関しては現在では老若男女を問わず日々その美しさを追い求めているように感じています。

今までは小麦色の肌が魅力的で日焼け止めなど一切塗らず無防備に海や山に出かけたり、日焼けサロンでわざわざ皮膚を焼く人も少なくなかったように思います。

まだまだ日焼けを美しいと感じている人もいると思いますが美白のための美白化粧品は魅力的なものです。

特に顔はしみやそばかすがない白い肌に憧れを持ちます。

若い学生の頃は何も時間をかけて手入などすることがなくてもトラブルも少なく美しい肌をキープすることもできていました。

時期的にニキビ等々に悩まされることはあったのですがシミやそばかすとはまた別だと思います。

少しでもシミやソバカスを防ぐために美白化粧品で美白効果を願う気持ちはみんな持っていると思いますが綺麗になりたいと購入した美白化粧品で肌がまだらに白くなる『白斑』被害が拡大し皮膚の異常が出た被害者は約1万4000人もいたと報道された事件のことは今でも鮮明に覚えています。

シミやソバカスのもとになるメラニン色素の生成を抑える成分が配合されている化粧品が安全で効果のあるものでなければ一生台無しになってしまうと感じています。

メラニン色素の生成を抑える効果があるロドデノールが含まれた美容液や化粧水、クリームなどの複数の製品を使うことにより成分濃度が高くなりすぎたためではないかと指摘されているようですが毎日朝晩と繰り返し愛用する化粧品なので何より安全で尚且つ効果のある美白化粧品を望んでいます。

メラニンを抑えてターンオーバーを促進させる

メラニンと言う言葉は普段からよく聞きます。

人間の皮膚や髪の中に含まれている色素のことですがメラニンと言うよりメラニン色素といて聞く方が多いいかもしれません。

そのメラニン色素の沈着がシミやそばかすの原因になると言う知識も持っています。

そのため紫外線による皮膚への影響を考え皮膚に紫外線があたり活性化されてメラニンを生成し皮膚が黒く見える。

その後ターンオーバーにより皮膚上部へ押し上げ垢と共に排出されるのが普通であるがそのターンオーバーが上手くいかなくなって皮膚の色に影響し紫外線から肌を守る働きができずシミやソバカスとなって肌に出来てしまいます。

そのため少しでもこのターンオーバーが上手くいくように普段のケアを大切にしたいと思っています。

メラニン色素には加齢や病気または精神的な原因や化学的な処置によりメラニンの量が減少することがあります。反対にまだらに白く斑点のようにできてしまうこともあるのも知識として知る必要があり見逃すことはできません。

このようにメラニンが不足すると、加齢や病気などの原因によって色素がなくなってきます。

メラニンは肌だけでなく髪の毛の色を決める重要な色素なので加齢により白くなることも同じことです。

肌と同様メラニン色素が身体の中で正常に働くよう人間にとり大切な色素であることを意識した生活をしなければいけないと実感ています。

若い頃は、日焼けしても白く戻ったけど、年取ると・・・

若い頃は普段の生活やレジャー、スポーツで日焼けをした時でも本当に手入れをしなくても自然と元の肌に戻っていきましたが、加齢に伴ってなかなか元の肌には戻っていきません。

学生の頃は小麦色の肌がまぶしいと思っていましたが今では白く美しく赤ちゃんのような水分量の多い肌に憧れを持ちます。

特に肌が白く綺麗で透明感があれば清潔感もあり化粧をして綺麗ではなく素肌の綺麗さを求めているからです。

薄化粧でも十分外出ができ友人とのお付き合いも出来る美しさが理想になっています。

そのため普段は紫外線防止に力を入れています。

外出の時は忙しくてもなるだけ日焼け止めをしっかり塗ることや長袖。

帽子の着用も心がけています。

普段の手入れはしっかり洗顔をすることを特に力をいれています。

汚れがきちんと落ちていないと何をつけても効果はないと思うので毎日丁寧に洗うようにしています。

汚れを落とす泥パックも週に1~2回はします。

その後は化粧水を時間をかけて吹きかけ、乾きかけたら何度か繰り返ししっかり化粧水を補給します。

あとはたっぷりの乳液や適量の美白美容液を付けて美白を目指し日々頑張り努力しています。

シェアをお願いします。

コメント

この記事へのコメントはありません。

コメントする


※メールアドレスは公開されません。